<< 富士市のチアダンス・C-STARスタジオ、世界に挑戦! | main | 結婚記念日、鯛のかぶと煮に初挑戦しました!】 >>
選挙終了後も、あれこれと…、保護司総会に出席

 4月は総会シーズン。21日に富士市議会議員選挙の投票が行われ、4期目挑戦が終了して「ヤレヤレ」となったものの、それもつかの間、あれこれと公務に追われています。

 26日には消防防災庁舎で開かれた平成最後の「富士地区保護司会総会」に出席。総会冒頭に「ちょっとだけ顔見せ」の来賓ではなく、保護司当事者としての出席のため滞在2時間余、ここにきて選挙の疲れが出てきたのか議案書の文字も次第にかすみ出すなど睡魔との闘いでした。

 

ブログIMG_0265.jpg

 

ブログIMG_0259.jpg 

 

 総会冒頭の挨拶で勝亦治男会長は、新年度は富士地区保護司会の課題となっていた新人保護司のスキルアップ機能も担うサポートセンター開設に取り組むことを伝えながら福祉面だけでなく教育や就業にも力点に置いての保護司活動に取り組むことを呼び掛けました。

 

 議事では、平成30年の事業報告、決算・監査報告に続いて31年度の事業計画や予算を決定。会則の改正や役員選任も行われました。

 

 保護司とは、保護司法と更生保護法に基づき法務大臣から委嘱を受けている非常勤の無給の国家公務員。犯罪や非行に陥った人の更生を任務としています。

 

 富士市内で委嘱を受けているのは108人で、6年前に「保護司に…」の依頼が舞い込んだ時には、正直、「困った」でした。「自分にできるだろうか」、さらに「市議活動と並行して、その任務を遂行できるだろうか」の不安もありました。

 

 しかし、富士市議会では、その時点で数人が保護司を担っていたこともあって「後任が見つかるまで…」と承諾。研修を重ね、ケースも担当するようになって改めて「大変だ」ですが、「誰かがやらなければ…」と、日々、奮闘中です。

| - | 01:16 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT