<< 結婚記念日、鯛のかぶと煮に初挑戦しました!】 | main | 選挙は終わったものの、てんてこ舞いです >>
平成から令和へ、いざ!、新たな旅たちへ

 平成最後の、きょう4月30日夜、テレビ各局は平成天皇の在位最後の宮中祭祀(さいし)を伝えています。このブログ&フェイスブックを打ち込み中に元号は平成から令和(れいわ、Reiwa)となり、新しい時代を迎えることになります。

 確認されている限りにおいて初めて漢籍ではなく日本の古典(国書)から選定された令和は大化から数えて248番目の元号。この時代の節目に、徒然なるままに、あれこれと…。

 

ブログDSC06222.JPG

 

ブログDSC06221.JPG 

 

ブログDSC06226.JPG

 

ブログDSC06230.JPG

 

ブログDSC06232.JPG

 

ブログDSC06231.JPG

 

 31年前、昭和から平成に変わった時、自分は30代半ばで典型的な会社人間。加えてローカル紙の発行と、名刺から本の出版まで請け負う印刷業務の勤務会社は世代交代期だったこともあって重責を負わされ、さらに編集・印刷の作業工程はアナログからデジタルへの移行期でした。

 日々、押し寄せる仕事に追われ、家族は「我が家は母子家庭」というほどで、自分を振り返ることも、未来を見つめることもできない中で平成を迎えています。

 

 しかし、60代半ばで迎える、いや、迎えた令和。平成を迎えた時とは違い、自分を振り返り、それほど長くはない未来を見詰めています。

 

 決して齢(よわい)を重ねたことによる心のゆとりからではなく、その逆かもしれません。

 ローカル紙の編集業務という特殊性があったにせよ、所詮は会社員でした。それが地方議員となり、この地方議員という職種、記者という立場の外野席から見詰めてきた時とは大違いで、戸惑いの連続、喜怒哀楽の振幅も激しいものでした。寂寥感にも苛まされ、自分を見失って脱線したことも…。

 

 こうした中で迎えた新しい時代、令和。終わりのないエンドレスの西暦に比べて節目のある元号は日本独特の文化といえるのかしれません。決して大袈裟ではなく「新しい人生のスタートに立たせてくれた」、そう受け止め、「日本人に生まれてよかった」との思いも抱いています。

 

 日本国民の象徴として、常に稟(りん)としたお姿を示され続けて退位なされた平成天皇に深い敬意を表しつつ、新しい時代、残された人生、それほど長くはないことを自覚しつつ、自分を見失うことなく、悔いを残すことなく与えられた職責に日々全力、それを胸に刻む令和初日です。

 

 世界が平和の道を歩む時代になりますように…。

 

(※)アップした写真はテレビ各局の映像から撮影したものです。

| - | 00:45 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT