<< 描く楽しさ、集う楽しさ、「絵画楽」作品展開催中 | main | 7月は「社会を明るくする運動」ですが、その成果は…? >>
今時の小学校の運動会は…(鷹岡小学校版)

 富士市内では3学期制から2学期制への移行も絡まって5月末から6月上旬にかけての運動会開催が多く、きょう6月1日には所在区の鷹岡小学校で開かれました。

 所在区の市議会議員として招待状を受け、そして同居している2年女児のジイジ、二つの立場で開会式に臨むために午前8時前に会場へ。

 他の公務に向かう昼前まで見学してきましたが、開会式ではユニークな試みがあり、さらに種目にも工夫が凝らされ、「今時の小学校の運動会」、それを知ることができました。一言で表現すれば教諭と600人余の子ども達が心を一つにしての素晴らしい運動会でした。

 

ブログ201900601癸20190601.jpg

 

ブログ201900601癸20190601.jpg

            プラグラムです

 

 開会式で前島英喜校長は、体育会系ではなく文系の語り掛けるような口調で「5月の皆さんの一生懸命な練習を見て、私は、『運動会は成功する』、そう思っていました」と激励。

 この開会式では、応援団員が扮する3軍に分かれての“スターマン”も登場し、一気に勝負モードに…。

 

 午前中は準備運動を含め15種目、午後には6種目の演技&競技が行われ、そのうち長丁場の午前の部では熱中対策とする2回の給水タイムが設けられました。

 

 見学した種目のうち午前の部のトップ種目である準備運動のネーミングは「鷹っ子体操」。準備運動イコールラジオ体操と思いがちですが、ストレッチにダンスをミックスさせた感じ。

 午前の部の5番目に行われた1年生の玉入れのネーミングは「きらきらシューティングスター」で、ダンスを組み込むなど工夫が凝らされ、時代性も取り込んだものでした。

 

ブログDSC06368.JPG

     1年生による「きらきらシューティング」

 

ブログDSC06379.JPG

      2年生による「大玉メディシング!」

 

ブログDSC06393.JPG

 

ブログDSC06394.JPG

3、4年生合同の「鷹岡ソーラン!!」。フィナーレでは組体操も披露

 

ブログDSC06399.JPG

      5年生による「二人三脚 心を一つに」

 

ブログDSC06389.JPG

 

ブログDSC06363.JPG

        盛り上がった学年別の徒競走

 

 運動会イコールスポーツであることから得点種目も多く、縦割りで赤軍、白軍、緑軍に分けての対抗戦。かつての赤白対抗の2軍対決から3軍対決、そこに「賛成、反対の二者択一だけでなく、双方の主張を理解する、もう一つの選択肢もある、そんな教育現場のメッセージが込められているのでは…」の思いも…。

 

 見学した午前の部の種目には、2年女児の孫が出場した「60蛋」もあり、来賓席から目を凝らして孫を探したのですが、同じような体つきに加え、同じ服装。いつ走り、何着だったかは確認ならず。

「きっと、ジイジの熱い声援と願いを受け、トップでテープを切ったはず」と思っています。が、自宅に戻った孫に「何着だった?」と聞くと「………」でした。

 

 場内整理役など保護者のPTA役員の活躍も光っていました。

 

 

【小学校の運動会は、今後も、この時期…?】

 

 ところで、かつて富士市内の小中学校の運動会は中学校が9月、小学校が10月の開催により「運動会は秋の学校行事」でしたが、30年余前、岩松北小学校が10月開催を6月開催に変更。当時、自分はローカル紙の記者で、それを取材。岩松・岩松北両地区では10月に合同事業として「かりかね祭り」を開催しており、「地区行事との調整を図り、発想を転換して6月開催を決めた」(当時の校長談)とのことでした。

 

 その後、富士市内の小中学校が3学期制から2学期制に変更になったこともあって、この時期に運動会を開く小学校が相次ぎ、今では「小学校の運動会開催時期は5月末から6月上旬に…」となっています。

 

 この時期の運動会の開催に対しては、「梅雨時期に、いかがなものか」の声もありますが、秋は秋で「台風が心配」ですよネ。

 

 一方、中学校は従来通り9月開催が続いています。中学校では、この時期、修学旅行があることから今後も9月開催が続きそうです。

| - | 22:28 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT