<< 鷹岡地区で「通学合宿」&「朗読と教育講演会の夕べ」 | main | 2泊3日の行政視察。感動と驚きの連続でした >>
中丸浜区と日中友好協会の共同事業、「中国人殉国者慰霊祭」に列席しました

 きょう7月7日午前9時から富士市田子浦地区にある中丸平松墓地の慰霊塔で「中国人殉難者慰霊祭(以下、「慰霊祭」という。)」が開かれ、参列しました。

 慰霊祭は、地元の中丸浜区(遠藤雅治区長)と富士市日中友好協会(渡辺敏昭会長)が田子浦仏教会の協力を得て、毎年、7月の第1日日曜日に墓地内にある慰霊塔で開いているもの。テント、椅子などの会場設営は中丸浜区の皆さんが担当して下さり、日中友好協会は受け付けや進行などを担当という中、協会役員として参列した自分の担当は記録写真係。ファインダーから飛び込んでくる地元の慰霊祭に寄せる熱意に接し、改めて「世の範となる、素晴らしい、不戦・平和運動だ」、その思いを胸に刻んできました。

 

ブログ中丸墓地.png

        赤丸印が中丸平松墓地です

 

ブログIMG_6952.JPG

 

ブログIMG_6957.JPG

 

 第二次世界大戦の末期、日本各地で本土決戦に備えての軍事施設の建設が進んだものの当時の日本は出兵によって労働者が不足。この不足を日本の占領下にあった中国に求め、多くの中国人が日本に渡っています。

 富士市でも昭和19年(1944年)頃、田子浦地区で飛行場の建設に着手。504人の中国人が建設に従事していますが、想像を絶する厳しい食糧事情と過酷な労働環境により実に52人が亡くなったといわれます。

 

 慰霊祭は、その史実を風化させずに後世に伝え、不戦・平和の輪を広げていくことを狙いに地元の中丸浜区と日中友好協会が協調して、毎年、この時期に開催。

 

 今年は50人余が参列し、田子浦仏教会の読経が流れる中で参列者が焼香した後、挨拶に立った遠藤区長と渡辺会長は、それぞれの立場から民間サイドからの不戦・平和運動として今後も慰霊祭を続けていく決意を述べました。

 その中、遠藤区長は慰霊塔の清掃に多くの協力があることを伝え、渡辺会長は日中関係が良好な方向に向かっているとの見解を伝えながら民間交流を一層活発化させていく必要性を力説し、「それが2度と戦争をしない力になる」と力強い口調で述べ、会場には静かな賛同と感動の輪が広がりました。

 

ブログIMG_6969.JPG

          中丸浜区の遠藤区長

 

ブログIMG_6965.JPG

         日中友好協会の渡辺会長

 

 慰霊祭のラストでは、小長井義正市長が富士市民を代表して、この地に眠る殉難者に向けて不戦・平和の決意を伝え、その決意に慰霊の思いを込めました。

 

ブログburogu IMG_6974.JPG

             小長井市長

 

 戦争の悲劇を、軍事施設の建設と、その労働力を異国に依存という側面から伝える中国人殉難者の慰霊塔と慰霊祭について日中友好協会では、毎年2月にふじさんめっせ(富士市産業交流展示場)で開かれる「国際交流フェア」の協会ブースで写真パネルをもって紹介しています。

 

 こうした取り組みが「不戦・平和運動として戦争の悲劇、厳然たる史実を後世に伝えたい」に、どの程度、貢献できているのかは、正直、分かりませんが、「これからも体力が許す限り、必要とされる限り、続けなくては…」、その思いでいます。

| - | 15:35 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT