<< ラジオ体操ブームが続く中、所在区でもスタートしました | main | 愛車ホンダ・ヴェゼル、間もなくグッドバイ!ですが… >>
燃える「広見夏まつり」、あす28日は「富士まつり」です

 台風6号の影響を考慮して静岡県内でも、きょう27日に予定されていた「安倍川花火大会」が中止など夏イベントの中止や延期が相次ぎましたが、富士市の広見地区の「広見夏まつり」は予定通り開かれました。

 きょう28日には、中央公園などを会場に富士市の夏の最大イベント、「富士まつり」が予定されています。

 

「広見夏まつり」の主催は同地区まちづくり協議会(渡邉英樹会長)。広見ショッピング商店街を歩行者天国にしての開催で、その開会式は午後1時から。

 近隣在住の市議会議員にも招待状が届いていたことから天候を心配しながら身支度。「車に…」という段階で断続的に、かなり激しい雨。

 案内状には「雨天中止」とあったことから、「多分、中止では…」と広見まちづくりセンターに電話を入れると、何と、「予定通り開催します」。

 

 急ぎ会場へ。開会式直前には、かなり激しい雨はバケツをひっくり返したように猛烈な雨となったものの、関係者のまつりに寄せる熱意が天に届いたかのように開始時間にはピタリと止み、燃える夏まつりの場面が広がりました。

 

 しばらくまつり会場に滞在。開会式に続く投げ餅、山車の引き回し、太鼓演奏、ダンスなどが次々に繰り広げられ、その情景に“夏本番”と“地区パワー”を実感。

 多分、夜の部も予定通りのプログラムを消化、まつりの本質的な目的である“絆”が大きく実を結んだものと思います。

 

ブログDSC06729.JPG

 

ブログDSC06743.JPG

 

bブログu DSC06738.JPG

 

ブログDSC06731.JPG

 

ブログDSC06734.JPG

 

 

 富士まつりは一部見直し

 

 一方、あす28日に予定されている「富士まつり」は、中央公園をメイン会場にロゼシアター、青葉通りなどを会場にして開催。

 

ブログ201900727?20190727.jpg

 

「富士まつり」は、毎年7月の最終日曜日に開かれていますが、今年は熱中症対策で内容を一部見直し、昨年まで昼前から午後にかけて屋外で開いたオープニングセレモニー、市民パフォーマンス、ちびっこ集まれなどは屋内へ移動とし、ロゼシアターで…。

 屋外のパレード広場(青葉通り)でのまとい・木槍り道中、梯子乗り、太鼓の演奏、神輿練り歩き、市民総踊り、音楽パレードなどは午後4時からとなっています。

 ラストを飾る花火の打ち上げは午後7時40分から同8時40分までの1時間が予定されています。

 

 現時点(27日午後6時)で中止などがネットにアップされていないことから予定通り開かれるものと推測されます。

 

ネット「富士まつり」情報

https://www.city.fuji.shizuoka.jp/fujijikan/sp/enjoy/kb719c00000006jt.html

 

ブログ201900727?20190727.jpg

 

ブログ201900727?20190727.jpg

| - | 18:19 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT