<< 自分にとって最大の2019年夏まつり、厚原西区が開催 | main | 74回目の終戦記念日に戦死した叔父2人に捧ぐ >>
素晴らしい伝統行事、久沢北区の“振りたまつ”

 夏まつりが真っ盛りという中、昨夜は所在区の隣接区である富士市鷹岡の久沢北区で24回目となるまつりが開かれ出席、まつりメインの“振りたいまつ”が披露され、幻想的、そして荘厳な夏の一夜を堪能してきました。

 

ブログDSC06809.JPG

  向かって右は鷹岡まちづくり協議会の松田幸雄会長です

 

 “振りたいまつ”は旧盆の伝統行事。久沢北区では、昭和30年以前は、ご先祖様の霊を迎えるために、小麦藁と藤蔓を材料に独特の束ね方でたいまつを作り、夜、火をつけて振り回しながら区内を練り歩いていた、といいます。

 

 しかし、代々、大人から子供に受け継がれてきたものの、交通事情に自然消滅状態に…。

 

 復活したのは、地元の篤志家により多目的広場(名称「村松グラウンド」)が誕生、地域に開放されたのを受けて夏まつり開催が決まった20数年前。保存会も結成され、今ではまつりのメインに位置付けられ、しっかりと受け継がれている素晴らしい伝統行事となっています。

 

 招待状を受け、午後5時50分からの開会式に合わせてまつり会場へ。“振りたいまつ”は午後7時が点火時間。来賓の立場上、「あまり長居をしては…」との気持ちもあったのですが、「記憶に焼き付けておこう」、それと「ブログやフェイスブックで多くの方に素晴らしい取り組み、区民の皆さんの熱意を伝えたい」、そんな思いからまつりラストの“振りたいまつ”まで滞在、写真と動画を撮影してきました。

 

ブログDSC06811.JPG

 

ブログDSC06812.JPG

 

ブログDSC06815.JPG

 

ブログDSC06822.JPG

| - | 22:20 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT