<< 9月1日は『防災の日』、富士市でも総合防災訓練 | main | 産業文化都市・富士市パート3(奇抜すぎる?モニュメント) >>
富士市議会9月定例会の日程が決まりました。10日に開会

 富士市議会の議会運営委員会(以下、「議運」という。)は、きょう3日、委員会を開き、10日に招集される9月定例会の日程を協議、会期を10月9日までの30日間と決定しました。

 

ブログDSC00323.JPG

        富士市議会の本会議場です

 

 新年度予算案を審査する2月定例会が“予算議会”と呼ばれるのに対し、9月定例会は“決算議会”と呼ばれ、議運で当局が示した当局提出予定議案43件中、20件が一般会計歳入歳出決算認定案など平成30年度の決算認定案。そのほかは条例案10件、補正予算案7件、単行案5件、人事案1件です。

 人事案1件は、任期途中の辞任による教育委員会委員1人の後任人事です。

 決算認定案の審査と並行する形で議会基本条例に基づきピックアップした平成30年度事業の評価も下し、定例会後、市長に提出することになっています。

 

 このほか、議員発議をもって地震財特法の延長に関する意見書案の上程、採決が予定されています。

 

 定例会ごとに行われる議員個々の発言権である一般質問は、10月4日から最終日の9日までの間、4・5日間の日程が確保されており、その発言通告の締め切りは19日正午と決定。1人の持ち時間は当局答弁を含めて1時間で、日別の登壇者数は通告締め切り後の19日午後1時30分から開かれる議運で協議、決定することになっています。

 

 きょう3日には、当局提出予定の議案書の配付を受け、これを「ヨ〜イ、ドン!」とし、これから審査に向けて議案書に目を通し、これと並行して一般質問登壇に向けての調査と原稿づくりに入ります。

 が、9月定例会の議案書は決算書を中心に膨大な量。配布を受けて会派控室のデスクに広げ、その多さに「ここは何処?、これは何?」なんて支離滅裂な思いが澎湃(ほうはい)と湧き上がりましたが、もちろん、「エイ!」と掛け声をもって雑念を払い、これから活字、数字とニラメッコの戦闘開始です。

 

ブログIMG_0393.jpg

        配付を受けた議案書です

 

(※) 本会議だけでなく委員会も「私語厳禁」などルールを遵守すれば誰でも傍聴が可能です。本会議は市庁舎10階、委員会は市庁舎9階に傍聴受付所が設けられます。字が小さくて見にくいかもしれませんが、3日の議運で決定した9月定例会の日程もアップしました。

| - | 22:50 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT