<< 富士市総合文化祭のガイドブックが発行されました | main | 猛烈台風19号、富士市も危険大、万全の準備を! >>
富士市民総合文化祭も猛烈台風で12、13日は中止に…

 今年も「まちの芸術家、大集合」といった感じで10月1カ月間にわたって富士市蓼原町のロゼシアターを会場に「市民総合文化祭」(市主催、文化連盟主管)が繰り広げられています。

 市議会9月定例会も閉会したことから、あれこれ案内状を受けていたので「きょう11日午後から12日、13日の3日間はロゼに…」と決めていたのですが、午後に会場に着くと関係者が「台風により明日12日と明後日の13日は、ステージ、展示とも中止と決まりした」。

 接近している台風19号、テレビ局によっては「史上最大クラスの台風」と呼んでいるだけに、「安全確保が第一、中止も止む無し」です。

 

 そんなことから予定完遂の、きょう11日午後、「中止の分まで…」とじっくり、ステージ、展示を鑑賞してきました。

 

 ステージは、「民踊」が午後1時から中ホールで、「マジックと新舞踊」が午後1時30分から大ホールで、「ミュージックコレクション」が午後6時30分から小ホールで…。

 

ブログIMG_0717.jpg

ラストに『富士山』を合唱。掲載は主催者の許可を得てあります

 

 一方、展示は、前期展示会として1階のガレリアで「盆栽」、展示室で「洋画」「陶芸」「書道」「フラワーデザイン」「絵手紙」の作品展が開かれていました。

 

ブログIMG_0697.jpg

 

ブログIMG_0701.jpg

 

ブログIMG_0708.jpg

 

bブログIMG_0703.jpg

 

ブログIMG_0706.jpg

 

 午後から開始した鑑賞の終了は午後9時少し前。小ホールでの「ミュージックコレクション」で、ラストでは出演者全員が来場者に「ご一緒に…」と呼び掛けて『富士山』を合唱。

 もちろん、自分も、その場の雰囲気から、それなりに熱唱。

 ただ、日頃、「お天道様が西から昇ることがあっても私が人前で歌うことはない」と言い放っているほど“音痴”を自覚していることから、ほとんど口パクでした。

 

 帰り際、ロゼと中央公園を結ぶ歩道橋でのこと、振り返ると、昼間とは、また違った幻想的なロゼが浮かんでいました。その情景は、寂しくもあり、何か中止の暗示的なことを感じ、不思議な気分でした。

 

ブログIMG_0719.jpg

| - | 23:15 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT