<< 産業文化都市・富士市パート6(壮大な歴史を伝える源平橋) | main | 富士市表彰式典&名誉市民顕彰パネル除幕式、そして毘沙門天の高橋堯昭氏死去 >>
富士市新体操初心者教室、みんな頑張りました

 富士市体育協会に加盟する各競技団体は、競技普及のための「初心者教室」に取り組んでいますが、由あって自分、海野しょうぞうが会長職を仰せつかっている新体操協会も10月に5回シリーズの小学生女子を対象にした「初心者教室」に取り組み、きょう10月31日が最終回でした。

 時間に追われる日々の中、しばし時間を過ぎるのを忘れて新体操初挑戦の子供達の精一杯の演技に見入り、そのけなげな姿に熱いものがジ〜ンとこみ上げてきました。

 

ブログDSC07045.JPG

     富士川体育館のシンボルオブジェです

 

 富士市の新体操協会は、「情報交換と連携を図り、スポーツと芸術が融合した新体操の輪を広げたい」、そんな思いを抱いていた市内4つのクラブと県立吉原高校の新体操部によって2010年(平成22年)3月に発足。以後、「初心者教室」とシーズン終了時に年1回の「協会大会」に取り組んでいます。

 

「初心者教室」については、これまで、この時期に市立体育館などを会場に土曜日の午後に開いてきましたが、富士総合運動公園内の公園体育館が耐震性の問題で使用禁止になったこともあって会場確保に苦慮。本年度については初めて富士川体育館を会場に平日夕刻という時間帯での開催となりました。

 これまでの「初心者教室」は20人程度の参加があったのですが、本年度については会場までの地理的条件や、平日夕刻という開催条件も影響してか参加は8人にとどまりました。

 

      以下は開講式と第1回目の練習です

 

ブログIMG_0631.jpg

 

ブログIMG_0634.jpg

 

ブログIMG_0640.jpg

 

 5回シリーズ中、第1回目はランニングと柔軟体操、2回目以降は女子新体操が使用するフープ、リボン、ボール、クラブの4つの手具中、フープを使用しての練習に入り、そして、最終回となった5回目のきょう31日、送迎を担っている保護者の皆さんに演技を披露しました。

 

 練習は5回。それも1回当たりの練習時間は1時間半で、トータルの練習時間は、わずか7時間半でしたが、協会スタッフの熱心な指導、それを子供達がしっかりと受け止めたことから、教室を締めくくるグループ編成を図っての練習成果の披露では“演技”と呼べる仕上がりをみせてくれました。

 

 閉講式では教室修了証を一人一人に「頑張ったネ」の言葉を添えて手渡し、最後に会長として送迎担当の保護者の皆さんに、こんな、お願いをしました。

 

「教室終了後、お子さんが『新体操を、もっと続けたい』と話したら、ぜひ、続けさせてあげて下さい。健康づくり・体力づくりという面だけでなく、教育現場を含め子供達が過ごす環境が複雑化する中、校区や学年を越えて交流できる場があることは子供達にとって大切な貴重な場になると思います」

 

         以下は最終回と閉講式です

 

ブログIMG_0865.jpg

 

ブログDSC07056.JPG

 

ブログDSC07057.JPG

 

ブログDSC07060.JPG

 

ブログDSC07063.JPG

 

ブログDSC07064.JPG

| - | 22:11 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT