<< イブです。クリスマスの贈り物 | main | 我が家の愛犬ペコ、死の淵から奇跡の生還をするも… >>
新年を前にピッカピカに…、まちづくりセンター大掃除

「住民パワーでピッカピカにして新年を迎えよう!」と、きょう12月25日の午後、所在区の富士市鷹岡地区のまちづくりセンターで大掃除が行われ、センター利用者の1人として参加しました。

 多分、初の試み。センター職員の大掃除に込めた住民に軸足を置いた運営に向けてのアグレッシブ(積極的)な姿勢に感動して気持ちもスッキリでした。

 

 鷹岡地区のまちづくりセンターは、2010年(平成22年)10月1日に老朽化により入山瀬浅間神社境内から市営住宅跡地の現在地に移転新築。外観は機械製紙発祥の地をモチーフにしたレンガ風のタイル貼りです。

 

ブログIMG_1215.jpg

                鷹岡地区のまちづくりセンターです

 

 利用団体には、利用後の清掃と戸締り、椅子など使用資材の片付けなどが利用条件となっていますが、清掃については「箒と塵取りで…」といった程度(ホールを利用する健康体操関係の中には、指導者の指導方針で開始前に準備体操として雑巾がけをする団体もありますが…)。

 

 こうした中、センター職員が玄関・ロビーやトイレなど公共スペースをはじめセンター全体の清掃業務を担って維持しているものの移転から9年を経過。窓の汚れやフロアー、ドアなど、あちらこちらに汚れが目立つようになってきたことによる利用団体に呼び掛けての大掃除でした。

 

 100人近くが参加。自分は、各種団体の会合に要請を受けて出席しているほか、センターを利用する保護司会の会員の立場での参加でした。

 

 参加数に、利用団体の協力的な姿勢が示されましたが、「平日の午後、それもクリスマスの日に大掃除なんて…」と不満を口にする人も。

 自分は、市が2021年(令和3年)4月から直営のセンターの管理運営に指定管理者制度を導入、その受け皿を各種団体で構成するまちづくり協議会としていく方針を打ち出していることから「地域の自主運営に向けての布石?」なんてことを思ったのですが、そうではなくて…。

 

 午後2時にホールに集合。スライドで『大掃除の目的』が示され、そこには「日頃、利用している場所を、掃除をして新年を迎えましょう」のほか「大掃除をして他の利用団体の皆さんと交流を図りましょう」と記されていました。

 さらに、持参の呼び掛けは雑巾だけ。洗剤などはセンターが用意。場所ごとに清掃ポイントを記したチラシも掲示され、なんと清掃開始前には火災発生を想定しての避難訓練も…。

「センター職員、頑張っているな」です。

 

ブログIMG_1258.jpg

                       ホールでの説明の場面です

 

ブログIMG_1252.jpg

           清掃開始前に火災発生を想定しての避難訓練が…

 

ブログIMG_1254.jpg

                      場所ごとに清掃ポイントを掲示

 

ブログIMG_1259.jpg

                          徹底してクリーンアップ

 

 人海戦術的な清掃でセンター内はピッカピカに…。自分は、保護司会が利用している和室は他の団体が清掃して下さったことから、まちづくり協議会役員の皆さんとまちづくり室の清掃に従事。清掃に加えて、あれこれ整理。その中で物入れスペースに会合やイベントで残ったペットボトルのお茶が5ケースも。賞味期限は3年前に切れており、グリーンはブラックに変色、廃棄処分に…。

 

「これを反省、これからしっかり管理。無駄にしないように…」となったのですが、「お茶も、熟成、古いほど価値がアップするワインやウイスキーのようだったらいいのに」、さらに「それを考案すればノーベル賞もの」のやり取りもあり、最後は大笑いでジ・エンドでした。

 

 いい年が迎えられそうです。

| - | 23:21 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT