<< 後援会だより第26号発行、新春随想『京アニ事件からの教訓』 | main | 大切にしたい伝統祭事の「どんどん焼き」 >>
2020年版、我が家の珍百景(冬にも花々満開です)

 正月三ガ日もあっという間に過ぎ、1月6日は官公庁の仕事始め。2020年、社会が動き始めました。

 ここにきて「冬だ!」を実感する寒さが続き、霊峰富士の裾野も枯れたススキの穂が風に揺れ、俳句で表現される「幽霊の 正体見たり 枯れ尾花」の冬景色となっています。

 が、我が家の玄関前は、何と、この冬に色とりどりの花々が満開です。

 ちょっとばかり、近所界隈で「珍百景だ!」と話題となっています。

 

ブログIMG_1313.jpg

 

 我が家は、「お尻の下は、すぐ踵(かかと)」の世帯主(私です)に似て、敷地が狭いことから門というものがなく、道路から、すぐ玄関。

 その玄関前に、昨年末から「新年を迎える」ということで松の盆栽が置かれたほか、花と呼ぶべきかは「?」であるものの葉ボタンの寄せ植えが並び、室内には冬に咲く花の定番のシクラメンが…。

 

ブログDSC07469.JPG

 

ブログDSC07456.JPG

 

ブログDSC07454.JPG

 

 ここまでは、ごく普通の冬の情景ですが、このほか、あれこれ、色とりどりの花々が…。中には、青いブドウみないたな南方系の植物も…。

 

 早朝は、犬の散歩の方々が…、その後は通学の子供達が「???」といった感じで道路から鑑賞しています。

 

 これらの花々、同居人(妻です)が、あれこれ入手して育てているもの。冬に花を咲かせる在来種もあるとのことですが、さまざまな技術を駆使した品種改良で、今では「冬に咲く花も珍しくない」とのことです。

 

「季節感がなくなってしまう」ってなことは口が裂けても言ってはいけないこと。この程度のことは承知しており、同居人には、「アメリカVSイラン対立で“第3次世界大戦の不安”といった見出しが新聞に踊る今年2020年、冬に咲く花々に人々が心を癒され、優しい社会になってほしいネ」、そんな労をねぎらう言葉を…と思っています。

 

 分かっています。「思うだけじゃ、だめだ」と。

 

ブログDSC07457.JPG

 

ブログDSC07467.JPG

 

ブログDSC07458.JPG

 

ブログDSC07459.JPG

 

ブログDSC07460.JPG

 

ブログDSC07461.JPG

 

ブログDSC07462.JPG

 

ブログDSC07463.JPG

 

 

 

ブログDSC07465.JPG

| - | 17:35 | comments(2) | - |
コメント
我が家でも異変です。この時期2,3鉢の桜草が咲きますが今年は鉢植え10個以上プランターも8割咲いたり蕾を付けています。紅梅白梅の鉢植えも咲きそうです。福寿草は花芽が出ているけど例年通りまだ咲いていません。驚いたのは春に咲く二輪草が一輪咲いていることです。この先冷え込むと桜草も花がダメになってしまう事が心配です。
| 佐野 | 2020/01/10 11:41 AM |
佐野さん、コメントをお寄せ下さり、ありがとう、ございます。
この季節の異変、地球温暖化の影響でなければいいのですが…。
| 海野しょうぞうです | 2020/01/11 4:34 PM |
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT