<< 大切にしたい伝統祭事の「どんどん焼き」 | main | 初仕事は日本画家、久保田明宏さんの哀悼パネルの作成 >>
富士市の新春イベント2題(消防出初式&成人式)

 今年も、1月第2日曜日の、きょう12日、富士市の新春行事『2020消防出初式』が市庁舎北側駐車場と市庁舎南側の青葉通りを会場に、『令和2年成人式』がロゼシアターを会場に開かれました。市議会議員にも案内状が届いていたことから出席させていただきましたが、それぞれに感動することがありました。

 

 出初式は、市(消防本部)、消防団、防火協会の3者が協調しての開催。「安心・安全なまち・富士市」への結束と市民への理解、協力を呼び掛けることを目的とし、午前8時30分に開始。

 

 例年、式典会場には主催者用、来賓用の椅子席が設けられていますが、今年は早朝に月1回の公園清掃があり、その線上であれこれ処理すべきこともあって会場到着時は、すでに式が開始されていました。

 で、「途中から来賓席に…」は遠慮して関係者の家族や写真コンクールへの出品を目指してのカメラマンの皆さんに交じって“外野席”から式典を見させていただいたのですが、陽光が差し込まない厳しい冷え込みの中、1時間15分にも及ぶ式典に姿勢を崩さない参加者に頭が下がりました。

 

 式典後は、分列行進のほか、消防音楽隊とカラーガード隊によるドリル演奏や訓練礼式、小型ポンプ操法、ポンプ車操法、救助などの消防演技が繰り広げられ、ラストは一斉放水で締め括られました。

 

 参加された皆さん、ご苦労様でした。

 

ブログDSC07514.JPG

 

ブログDSC07517.JPG

 

ブログDSC07519.JPG

 

ブログDSC07521.JPG

 

ブログDSC07527.JPG

 

ブログDSC07525.JPG

 

 一方、成人式は午後2時に開始。この15分前から県立富士高校書道部による書道パフォーマンスが行われました。

 

 例年、開始早々は、「式典に出席」というよりも「同窓会に出席」といった感じで来賓席である前席に着座していても司会者の声が聞き取れないほどホール内は私語が飛び交い、騒然とした雰囲気でしたが、今年は違いました。

 

 書道部のパフォーマンスが素晴らしく、エールを送る文字が並ぶ作品を掲げた時には新成人から「オー!」といった地鳴りのような感動の声があがりました。

 

 以後の国家斉唱、市民憲章唱和、励ましの言葉、お祝いの言葉、新成人応援プログラム、市立高校リアリーダー部によるチアダンスと続いた式典中も厳粛な雰囲気でした。

 

 この状況に励ましの言葉に立った小長井義正市長は、富士市のブランドメッセージである『いただきへのはじまり』の解説だけでなく『青春とは』の持論を伝えるなど、これまでになく熱の入ったエールを届けました。

 

 企画・進行は新成人が担当。その熱意が実った今年の成人式といえそうで、終了後、思わず、感じた思いを言葉として一人発しました。

 

「いい成人式だったなぁ〜」

 

ブログIMG_1327.jpg

 

ブログIMG_1329.jpg

 

ブログIMG_1332.jpg

 

ブログIMG_1337.JPG

 

ブログIMG_1350.jpg

| - | 22:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT