<< 鹿児島市の桜島噴火対策と屋久島観光事業の視察に行ってきました | main | 富士市が新年度の予算案を内示。一般会計も“マイナス予算”です >>
第32回富士市国際交流フェアに参加しました

 “心通い合う多文化共生のまち ふじ の実現に向けて”をスローガンに掲げた『国際交流フェア』が2月2日の日曜日、富士市柳島のふじさんめっせ(富士市産業交流展示場)で開かれ、参加団体の一員として異国・異文化空間にふれてきました。

 富士市と富士市国際交流協会が関係団体に呼び掛け、毎年、この時期に開催、今年で32回目でした。

 

ブログIMG_1574.jpg

開会式です

 

 フェアでは、イベントタイトルである“交流”に視点を当てたステージアトラクション、展示・販売、着物のファッションショー、体験コーナー、世界の料理などのコーナーに参加団体が工夫を凝らし、それぞれのお国を紹介。

 

 自分が副会長を仰せつかっている富士市日中友好協会も展示・販売コーナーに参加してブースを設け、「中国殉難者慰霊祭」や「もちつき大会」などの協会事業を写真で紹介したほか、中国物産の小物を販売、さらに協会女性陣が中国舞踊と歌を披露、大きな拍手をいただき、協会役員として誇らしく嬉しかったです。

 

 ただ、今年も予定していた中国茶の無料サービスは、世界を震撼させている新型コロナウイルスの予防の線上で、近距離で来場者と接触することから中止と決定しました。

 

 参加した感想は、「富士市も国際色豊かなまちになった」です。参加者の多くが民族衣装を着込んだ外国籍者だから、そう感じたのかもしれませんが、いずれにせよ、富士市も国際化への道を歩んでいることは確かです。

 

 言葉や風習の壁を越えるのは容易ではないものの国際交流フェアの会場のように言語をはじめ髪や目、肌の色、そして服装の違いなどで示される国籍の違いを自然体で受け入れ、ふれあうことのできる富士市になりたいものです。

 

 2020年1月1日時点の富士市の外国人登録者は5920人で、人口に占める割合は2.34%、国籍数は59カ国となっています。比率的に多いか、どうかは「?」ですが、日常に外国籍者がいる都市です。

 

ブログIMG_1576.jpg

 

ブログIMG_1613.jpg

富士市日中友好協会の女性陣による舞踊です

 

ブログIMG_1597.jpg

 

ブログIMG_1605.jpg

 

ブログIMG_1577.jpg

 

ブログIMG_1582.jpg

 

ブログIMG_1585.jpg

 

ブログIMG_1591.jpg

 

ブログIMG_1588.jpg

富士市を合宿都市としているスイス水泳チームの紹介コーナー(アルプスの少女ハイジに登場するペーター役になった気分でした)

 

ブログIMG_1606.jpg

富士市と国際都市を締結している中国嘉興市などの紹介コーナーも…

 

ブログIMG_1594.jpg

 

ブログIMG_1587.jpg

 

ブログIMG_1601.jpg

 

ブログIMG_1603.jpg

 

ブログIMG_1598.jpg

 

ブログIMG_1617.jpg

フェアラストの豆まきにも会場にいた市議会議員も”投げ手”で参加しました

| - | 12:07 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT