<< 感動!、庄司博彦さんの新感覚の富士山魅力フォトレクチャー | main | 注目の東京マラソン、大迫傑選手が日本新で日本人最高の4位 >>
新型コロナウィルス、一斉休校要請の衝撃と混乱の中で…

 安倍晋三首相が27日の新型コロナウィルス感染症対策本部の会合で「3月2日から春休みに入るまで全国の小中学校や高校、特別支援学校を臨時休校にするよう要請する」との考えを表明、全国に衝撃と混乱が広がっています。

ブログIMG_1752.jpg

 

 首相の政治判断とはいえ法的根拠のない“要請”であることから対応がまちまち。富士市では要請を受け入れるものの休校は2日ではなく「3日から」と決め、市のウェブサイトで伝えて理解を求めています。

https://www.city.fuji.shizuoka.jp/rn2ola000002c0v6.html

 

 首相の政治判断である一斉休校要請の衝撃と混乱が広がる中、個人的にも、それがあり、私の所在区である富士市鷹岡地区では、昨夜、まちづくりセンターで4月4日に開催を予定しているまちづくりイベント「さくら祭り」に向けての最終会議である全体会議が開かれ、冒頭で首相の要請を受けた格好で「中止」と決定。きょう28日には役員を仰せつかっている富士市日中友好協会から「3月1日に吉原まちづくりセンターで予定していた“ふれあい餅つき大会”は中止に…」の連絡が入っています。

 

 衝撃と混乱が広がる中、重症率の低さを捉え、経済活動への甚大な影響を指摘して「首相の一斉休校要請は唐突すぎる。冷静に対応すべきでは…」と疑問符を投じる声もありますが、「命の大切さ」の前に跳ね返されている、一蹴されている、そんな状況です。

 

 我が家の中学1年男児と小学2年の女児の孫2人、突然の休校決定に「あれれ?」といった表情ですが、今後、休校の日々の中で「命の大切さが何よりも優先される」、それを掴み取ってほしいと願っています。

| - | 22:56 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT