<< 富士市議会2月定例会の論戦開始、3月4日に登壇しますが… | main | 富士市大淵にある富士芸術村、15年の歴史に幕、3月で閉村! >>
富士市議会2月定例会の一般質問に登壇しました

 富士市議会2月定例会の一般質問2日目となる、きょう3月4日は発言通告に基づき5人が登壇、自分、海野庄三は5番目、ラストで登壇しました。

 

 一般質問は、年4回の定例会ごとに議員個々に与えられている発言・質問権。今回の定例会では「官民協働の時代を迎えた中での市職員のまちづくり地区担当班の位置付けと役割について」と「ICТ社会を迎えた中での高齢者を守る消費生活センターの機能強化について」の2項目を通告、あれこれ質問、要望しました。

 

ブログIMG_1798.jpg

 

ブログIMG_1801.jpg

 

ブログIMG_1805.jpg

 

 1項目目の「官民協働の時代を迎えた中での市職員のまちづくり地区担当班の位置付けと役割について」では、自発的なボランティア活動であるものの地区担当班が官民協働の時代を踏まえ、一歩も二歩も踏み込んで所在区単位のまちづくりに参画することを求め、その活動指針となる『まちづくりハンドブック』の改訂版作成と全職員への配付要望は「100%回答」でした。

 

 ただ、市長答弁で、所在区在住の職員数に多寡があるとはいえ、地区担当班に所属している数が「最も多い地区は65人、最も少ない地区は、わずか4人」が示され、改めて地区担当班の機能と役割の受け止め方の市職員間の温度差を感じました。

 

 一方、2項目目の「ICТ社会を迎えた中での高齢者を守る消費生活センターの機能強化について」と題した質問では、「啓発講座開催に前向きに取り組み、そのためには人員体制の強化も必要」と求めたのですが、「50%回答」でした。

 

 論戦の内容は、富士市議会のウェブサイトで録画中継されています。ぜひ、ご覧いただき、忌憚のない意見、感想をいただけたら幸いです。

http://fuji.gijiroku.com/g07_Video_Search.asp?Sflg=1&kaigi=21&NitteiID=329

 

(※)アップした動画&写真は録画中継からの撮影のため鮮明ではありません。ご容赦下さい。質問通告書や、作成、配布した質問資料もアップしました。

 

ブログ20200304ナンバー120200304.jpg

 

ブログ 20200304ナンバー220200304.jpg

 

ブログ20200304ナンバー320200304.jpg

 

ブログ令和2年2月定例会一般質問資料.png

 

| - | 22:55 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT