<< “障害者”という表現・表記の解釈についての私見 | main | 富士市議会も臨時会でフライデー オベーション >>
1人10万円の給付金、申請期限は8月20日です

 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策の柱として4月20日に閣議決定した国民1人当たり一律10万円の特別定額給付金事業。費用は全額、国負担であるものの実務は市区町村が担当。富士市でも申請の第3弾で、申請の中心となる郵送申請が5月29日に開始されました。

 

ブログIMG_2316.jpg

 

 我が家には6月3日に届き、周囲でも「やっと届いた」という声が聞かれますが、給付方法は原則として金融機関口座への振り込みとなり、5月29日以降、世帯主に届いた申請書に必要事項を記入して市に返送。これを受けた市が内容を確認後、「概ね1週間程度で指定口座に振り込み」となっています。

 

 このシステムに加え、富士市の人口は25万2,724人、世帯数は10万7,682世帯(令和2年5月1日現在)を数えるだけに、実際に10万円を手にするには、いましばらく時間がかかりそうです。

 市では、「振り込みが決定した際には通知書を発送」としています。

 

 申請期限は8月20日(当日消印有効)で、この期限を過ぎると給付金の受給を辞退したとみなされるため、ご注意下さい。

 

ブログ20200603癸20200603.jpg

 

ブログ20200603癸20200603.jpg

 

【特別定額給付金とは…】

 

 特別定額給付金について国は、その狙いを「人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない。そのための家庭支援策」とし、その上で「簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う」としています。

 

 としているものの金は国が負担するものの給付実務は市区町村に全面依存です。

 

 総事業費は、実に12兆8,802億93百万円が見込まれ、そのうち給付費が12兆7,344億14百万円、事務費が1,458億79百万円となっています。

 

 給付対象者は令和2年4月27日時点で住民基本台帳の記載されている方で、申請・受給権者は給付対象者の属する世帯主です。

 

 

【富士市の対応あれこれ】

 

 申請方法について富士市では…

 ー入の大幅な減少等により、早期に特別定額給付金の給付が必要な方を対象とした早期特別申請

 ▲泪ぅ淵鵐弌璽ードを利用したオンライン申請

 3得ぢ咾冒付する申請書による郵送申請

の3つの方法を打ち出し、そのうち➀の早期特別申請は5月31日で終了。△離ンライン申請にはマイナンバーカードの取得が必要なため限定的。今後の申請はの郵送申請が中心となります。

 

 この郵送申請による給付方法は原則として金融機関口座への振り込みとし、現金での給付は口座を有していない方に限定。

 

 世帯主以外の代理申請も受け付けますが、「同一世帯員」「法定代理人」「市が特に認めた方」などに限定されています。

 

 市では、給付金コールセンター( 0545−55−2953)を開設。6月19日までは平日午前9時から午後8時、6月22日から9月11日までは平日午前9時から午後5時までの受け付けとしています。

 

 ただし、申請書の書き方などの問い合わせに対応するためのコールセンターで、対象が多く、振り込み決定者には通知書を発送することから、個別の申請書到着有無の照会や振り込み予定日の照会には対応していません。

 ご注意下さい。

| - | 01:11 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT