<< 富士市議会6月定例会、あす一般質問スタート、17人登壇へ | main | 感染症対応で災害時の避難所、集中から分散へ大変革! >>
知っていますか…、プロサイクリングチームのレバンテフジ静岡

 今年2月に富士市に誕生した地域密着型プロサイクリングチームのレバンテフジ静岡の紹介パネル展が、今、市庁舎と消防防災庁舎の2階部分を結ぶ渡り廊下で開かれています。7月14日まで…。

 

ブログ癸IMG_2400.jpg

 

ブログIMG_2389.jpg

 

 自転車との関わりは高校時代、通学に利用した3年間だけ。親に買ってもらったことから自慢するのもおかしいのですが、当時、流行したドロップハンドルのスポーツタイプ、自慢の愛車でした。

 しかし、高校卒業後、親元を離れて上京したこともあって、その愛車は行方不明に…。愛着も思い出も、すっかり消え去り、自転車に乗るどころか触ることもなく歳月が過ぎ去っています。

 

 それゆえ、今年2月に「富士市にプロサイクリングチームが誕生」のニュースに接しても「プロサイクリングチームとは…?」の始末。

 で、今朝の購読紙朝刊で「紹介パネル展開催中」を知ったことから、本会議中の休憩中(昼休み)に会場に出向き、じっくりパネルを鑑賞、あれこれ学んできました。

 

 レバンテフジ静岡の所属選手は、県内出身者を含めた8人。運営母体はプロスポーツチームのプロモート業務や自転車関連イベントの企画運営を手掛けるBCクリエイト(東京都)で、自転車販売のミヤタサイクル(川崎市)が主力スポンサー。

 全日本実業団自転車競技連盟が主催する国内最高峰のサイクルロードレースシリーズ戦「Jプロツアー」にも参戦。今年の「Jプロツアー」は4月から全国各地で開催される予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響で、その開始は7月末とされています。

 

 富士市に活動運営事務所を置いたのは、富士山と駿河湾に囲まれた豊かなトレーニング環境が評価されたもので、富士市は事務所スペースを提供してサポートしています。

 

 パネル展では、さまざまな角度からチームを紹介。「まずは富士市から、そして東部伊豆地域、県内全域へと自転車文化の定着を目指し、県民・市民に支持されるプロスポーツチームを目指す」とするチームの意気込みが伝わってきます。

 公式キャラクターの名前募集キャンペーンも盛り込み、パネル展会場で応募を受け付けています。

 

 チームは、競技活動とともに、地域の自転車文化の醸成につながる取り組みを展開する方針を打ち出し、静岡県が目指す五輪・パラリンピックのレガシー(遺産)創出など自転車の“聖地”作りへの貢献も掲げており、今後の活動が注目され、期待されます。

 

ブログIMG_2396.jpg

 

ブログIMG_2398.jpg

 

ブログIMG_2393.jpg

 

ブログIMG_2395.jpg

 

ブログIMG_2388.jpg

 

ブログIMG_2385.jpg

 

 

| - | 22:26 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT