<< 今年も7月1日に社会を明るくする運動がスタートしますが… | main | 改選2年目の富士市議会、副議長に井上保氏、委員会構成 >>
知っていますか…?、東京五輪出場を目指す体操女子平均台の芦川うらら選手

 体操女子平均台で東京五輪出場を目指す富士市出身の芦川うらら選手が、きょう6月30日夕刻のNHKテレビ静岡版ニュースで紹介されました。予告で「紹介」を知り、テレビの前にカメラ片手に陣取り、ニュース終了後、思わず「頑張れ!」。久々に熱いものがこみ上げてきました。芦川選手の出身地である富士市在住者…というだけでなく、それなりの理由がありまして…。

 

ブログIMG_2426.jpg

 

ブログ?IMG_2409.jpg

 

ブログ?IMG_2428.jpg

 

 芦川選手は、富士市内の丘小学校時代、地元の体操教室に…。その後、全日本クラスの選手養成に取り組んでいる静岡市内の水鳥体操館に移籍。丘小卒業後は練習時間を確保するために常葉中学、そして常葉高校へ。現在、高校3年生、17歳です。

 

ブログ?IMG_2415.jpg

 

 中学2年時の全国中学校体育大会個人総合で3位入賞、全日本ジュニア女子Aクラス個人総合で優勝。高校2年の昨年2019年には全国高校選抜大会と全国高校総体の種目別平均台を制しています。

 

 東京五輪出場に向けては得意種目の平均台で勝負をかけ、昨年から世界を転戦する形で開かれている五輪選考を兼ねた種目別ワールドカップ(W杯)シリーズに出場。W杯シリーズは、全8大会のうち成績の良い3大会の結果で女子は平均台、跳馬、段違い平行棒、ゆかの各種目トップ選手に五輪出場権が与えられることになっています。

 

 芦川選手は、昨年11月のドイツ大会と今年2月のオーストラリア大会で優勝。W杯シリーズは、新型コロナウイルスの影響で中断しているものの、これまでの成績から「最も東京五輪出場に近い選手」とれています。

 

ブログ?IMG_2419.jpg

 

 私は機械体操の経験者ではありませんが、前職時代、仕事の線上で器械体操の場面にふれる機会が多く、その厳しさを知り、そうした中で芦川選手が家族の支えを受けて夢を諦めずに挑戦を重ねてきたこと、東京五輪出場決定まで「あと一歩」となっていることを知り、「隠れ熱烈ファン」を自認して声援を送り続けています。

 

 夕刻のニュースでは、現在の練習状況をはじめ東京五輪出場に向けての決意、家族のサポートなどをニュース番組にしては、かなりの時間をかけての放送でした。

 本人のインタビューも組み込んだ放映内容から、多分、芦川選手は、「スポーツとは何か…」「五輪の目的とは…」を、しっかりと掴み取っている、そんな感想を抱いています。

 

 さらに、一家の支え、とりわけ、「世界を目指せる逸材」とされながら病気で競技生活を断念した6歳離れたお姉さんの献身的なサポートと、それを真正面から受け止める芦川選手との姉妹愛に深く感動。コロナ関連や、相変わらずの“政治と金問題“など暗いニュースが相次ぐことで滅入っていた気分も一掃されました。

 多くの方が芦川選手の今後を見守り、声援を送って下さることを願っています。

| - | 21:30 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT