<< 2020年、富士市戦没者追悼式にて… | main | 開催中です。富士市の国際姉妹都市・米国オーシャンサイド紹介展 >>
夏休みラジオ体操がスタート、コロナ禍で期間短縮

 ラジオ体操ブームが続く中、所在区の富士市鷹岡地区でも子ども達の夏休みをとらえての早朝ラジオ体操が行われています。

 居住する厚原西区では、1,000世帯を超える大きな町内会ということもあって公会堂駐車場や公園など3会場を設け、きょう8月17日にスタートしました。

 毎年、夏休み入りの7月下旬から20日間程度、午前6時30分から開いていましたが、今年はコロナの影響で夏休みが短縮したことから17日を初日に21日まで5日間の開催予定です。

 

ブログ2020081020200810.jpg

 

 夏休み中のラジオ体操は、子供会などが「学校が長期休業になる中、ダラダラと過ごさず、規則正しい生活を!」、そんな狙いをもっての開催。

 2014年4月に発売された中村格子著『実はスゴい! 大人のラジオ体操』(講談社)が50万部を超える大ベストセラーとなり、CDも発売されるなどして全国的に年代を超えてブームになっていることを踏まえ、厚原西区では、今年もスタートを前に広く参加を呼び掛ける区長名のチラシを作成して回覧板で周知。それが功を奏して初日の、きょう17日、同居している孫(小学3年女児)と自宅近くの会場に出向くと、子供達のほか、一般区民も、「ぼちぼち」でしたが参加していました。

 

 ラジオ体操は簡単な動きの連続であるものの「400以上の筋肉が活性化。習慣にすることで、筋力がついたり、血流が良くなったり、代謝が上がったりすることが期待でき、疾病予防や介護予防にぴったりな体操」とされています。

 

 ですが、久々、正確にいえば昨年夏以来、何と1年ぶりのラジオ体操で、疾病予防や介護予防に結び付いたかは「?」ですが、気分だけは「スッキリ」でした。

 

ブログIMG_2839.jpg

 

ブログIMG_2847.jpg

 

ブログIMG_2842.jpg

 

 最近は「ちょっと」と声を掛けても、返ってくる言葉は「忙しい」なんて調子の孫との絆を取り戻すために5日間参加、その後も疾病予防や介護予防に向けて独自で取り組み習慣に…。一応、今は、そう思っているのですが…。

 

ブログIMG_2859.jpg

    終了顎には上級生から参加シールをもらいました

| - | 08:44 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT