<< 公共交通の柱、路線バスの重要性を体験的に実感 | main | 富士市議会9月定例会の日程が決まりました。開会日は9日です >>
9月1日“防災の日”、富士市でも総合防災訓練が行われましたが…

 きょう9月1日は、1923年(大正12年)9月1日に発生した関東大震災からの教訓をいかすために1960年(昭和35年)に制定された“防災の日”。富士市でも防災・減災のスキルアップを目指し、防災機関や町内会(区)単位で組織されている自主防災会の訓練が繰り広げられました。

 しかし、今年はコロナ禍での訓練。市から事前に「3密回避の訓練を」の要請が届いていたことから、自分、海野しょうぞうが参加した自主防災会の訓練は班長のみを対象にした避難誘導などにとどまり、小中学生の参加もなし。

 例年より少人数・小規模の訓練を余儀なくされましたが、参加者は「いざ!」という時に備えて熱心に臨み、その熱心さは額に光る大粒の汗に示されていました。

 

 訓練は、市内を網羅した富士市の同報無線放送に合わせて行われ、午前8時30分に巨大地震発生の想定のもと、同報無線は、けたたましいサイレンと共に「揺れは震度6強」と伝えました。

 

 市議会議員は、「災害対策本部設置後、居住地区のまちづくりセンターに午前9時までに出動し、地区班長に安否を連絡。午前9時までに出動できない場合は電話等で安否を連絡」との指示を受けていました。

 

 居住区の厚原西区の第2自主防災会の集合場所は公会堂前で、同報無線が地震発生を伝えた午前8時30分に訓練開始。

 

 冒頭、自主防災会長と区長があいさつ。続いて「一言、激励を」の要請を受け、参加された皆さんに、「この地域は、古富士時代の噴火によって発生した幅1舛瞭山瀬溶岩流の上にあり、地盤が強固なため揺れには強いとされているものの、その一方、住宅密集地で火災の危険度は高いとされています。地震発生時には、まず、火を消して…」。続いて「古くから人類最強の敵はウイルスといわれ、今、それが現実となっています。小中学校などが指定されている広域避難所では、避難時に、どう3密回避を図るかが大きな課題となる中、携帯テントが3密回避に有効とされ、注目されています。ぜひ、大規模災害時の非常持ち出し品に携帯テントを加えて…」とお願いしました。

 

ブログ1IMG_3053.jpg

 

ブログ3 IMG_3051.jpg

 

ブログ2 IMG_3056.JPG

 

 この第2自主防災会も、今年の訓練は、市の要請を受けて救護、消火、炊き出しなどは中止。参加要請は避難誘導班の班長だけで参加数は役員を含め50人余。例年の4分の1程度にとどまりましたが、公会堂前での開会式に続いてブロックに分かれて徒歩で区内各所に設置してある消火器設置場所の確認や、その機材のチェックなどを入念に行い、「少人数・小規模の訓練であるものの実り多き訓練だ」を感じ取りました。

 

ブログ4 IMG_3059.jpg

 

 このあと、地区班長に安否を電話連絡、その上で、徒歩で厚原西区の第1自主防災会の集合場所である曽我八幡宮へ。

 

ブログ5 IMG_3063.jpg

 

 こちらも避難誘導班の班長だけを対象にした訓練とし、参加総数は役員を含め30人程度。時計の針は、すでに訓練開始から1時間を経過した午前9時30分を回っていたことから受け付けを終了し、安否確認のカードチェックに出向いた方が多く、「ほとんど終了」といった感じでした。

 

ブログ6 IMG_3069.jpg

 

 防災訓練では、一家無事を周知する手法として“黄色ハンカチ”を掲示する取り組みがありますが、第1自主防災会では“黄色カード”を掲示することになっており、避難誘導班には、そのチェックが委ねられています。

 

ブログ6 IMG_3069.jpg

 

 訓練そのものは、「ほとんど終了」でしたが、役員の皆さんが「新たに購入した防災備品の消火ホース巻取りの訓練を行う」ということなので、それを見学。「操作は、案外、簡単、楽だ」と余裕の表情でした。

 

ブログ8 IMG_3078.jpg

 

 例年だと、午前中、他区の訓練会場も訪れるのですが、「多分、今年は終了」と判断、電話で安否を伝えておいたまちづくりセンターに出向き、地区内の訓練状況を聞いて、今年の防災訓練はジ・エンドに…。

 来年の「総合防災訓練」、いや、今年12月第1日曜日の自主防災会主体の「地域防災訓練」はフルメニューでの訓練ができるよう、「一刻も早くコロナ禍終息を」です。

| - | 15:51 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT