<< 所在区の鷹岡生涯学習推進会もシトラスリボンプロジェクトに賛同 | main | 富士市の電子プレミア付き商品券『ふじペイ』の販売延長へ >>
この公共サービス、ハウマッチ、富士市の救急車の1回当たりの出動コストは11万8,307円です

 ここにアップした『ザ・市民 かわら版』と題した資料は、市議会議員就任以来、議員活動の一環として年1、2回のペースで取り組んでいる「市政・議会報告会」に向けての資料で、市議会9月定例会で審査した令和元年度の決算認定案から、見出しを「この公共サービス、ハウマッチ」とし、主要事業の総コスト、サービス量、単位コストをまとめたものです。

 

ザ・市民かわら版2020年10月.png

 

 議員個人としての報告会のほか、それほど数は多くないのですが、各種団体の総会や会合、研修などの場に招かれ、「挨拶だけでなく、市政・議会のことも話して…」といった依頼を受けた際にも活用している資料。年度をとらえての資料のため毎年、作成しています。

 

 という中、今月7日夜に、その種の依頼があり、報告会用の資料を活用。

 と思ったのですが、手元にあった資料は平成30年度版。「まずいな」と思い、パワーフル回転で急ぎ令和元年度版を作成して臨みました。

 

 ギリギリセーフでの資料作成でしたが、私に与えられた時間は、協議する議案が多い会合だったこともあって「5分程度で…」。

 これを受け、事業の中から生活に最も密着している「救急出動」を取り上げました。

 

 令和元年度の1回当たりの救急車の出動コストが11万8,307円に対して会合出席者の間から「エッ!」といった驚きの声があがりましたが、与えられた時間内で、そのコスト理由をお伝えしてきました。

「納得!」といった表情に転じる人がいた一方、そうでない人もいましたが、市民の皆さんに市政・議会に対して理解を得る場を与えられたこと、深く、感謝しています。

 

ブログ図1.jpg

 

 以下は、富士市の救急出動について話した内容です。

 

 ●救急出動1回当たりのコストが約12万円の実情に「高すぎる」、「無駄があるのでは…」、さらに「有料化を検討すべき」という声も聞かれます。

 

 ●救急隊(救急車)は市内に9隊(台)が配備され、受信・出動命令の通信部門を除く1隊当たりの年間維持コストは約1億円。内訳は、交代勤務による24時間態勢を維持するための隊員100人余の人件費や救急車両維持費など。救急車両1台の購入価格は約3,400万円で、8年で更新が基準。通常、公用車は「10年、または10万キロで更新」とされる中、走行距離が多い救急車両は8年間で10万キロを超えるため更新サイクルが8年となっています。

 

 ●コストが高いものの、出動回数・搬送人員をもとに計算すれば1年間で市民25人に1人が救急車のお世話になっている勘定。人生80年ととらえれば一生で1人が3回から4回救急車のお世話になる勘定で、どんなにコストが高くても維持が求められる、極めて重要な公共サービスといえます。

 

 ●さらに救急救命士制度の登場によってAEDを使用しての除細動や気道確保、それに血管確保の輸液などの医療行為も可能となり、今や救急車は「動く一次救急センター」といわれるほど重要度を増しており、安心・安全・確実を担保する面からも民間委託は避けるべき公共サービスといえる、私は、そう思っています。

 

 ●ひと昔前は、要請した自宅前に駐車している救急車に「モタモタしているな。早く、病院へ行け」などと怒鳴る人もいましたが、急病人を救急車に搬入、停車している場合は車内で救命措置に取り組んでいることが多いだけに、ぜひ、止めて下さい。

 

 ●「コスト抑制」を掲げて「有料化に…」という声が一部にせよ全国的にあがっていますが、例えば鷹岡地区から二次救急医療機関である市立中央病院間のタクシー料金が2,500円前後という中、救急車利用1回につき1万円を徴収しても“コスト約12万円−1万円=約11万円”で、コスト抑制に大きな成果は期待できそうもありません。

 

 ●成果とは逆に「タクシーより3倍から4倍もの料金を払っているのだから」と、権利として軽い症状の風邪や、定期的な通院などでも救急車を要請、結果として出動回数が激増して総コストも激増、さらに、出動回数の激増で現場までの到着時間が遅くなることも懸念されます。

 

 ●「有料を…」とするならば実費の約12万円を利用者全員に払ってもらい、利用後、所得に応じて還付する手法もありますが、この全額徴収、所得に応じての還付手法には、「料金徴収や還付などの膨大な事務が必要」という問題を抱え込むことになります。

 

 ●以上、消防部署のPRのような内容となりましたが、救急業務へのご理解とご協力を切にお願い申し上げます。

| - | 18:32 | comments(0) | - |
コメント
コメントする









CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT