富士市内、自宅近くの化学工場で大規模爆発事故!
 きょう12月1日は富士市議会11月定例会の一般質問がスタート。身支度をして「いざ、市庁舎へ」と玄関を出ようとした午前8時25分頃、爆発音とともにガラス窓がガタガタ。瞬時、「地震…?」と思ったものの揺れは無く「爆発事故…?」。2階に駆け上がって外を見れば、直線にして南東1鼠召法△發里垢瓦ぁ高さ100値召肪する黒煙。その後も2、3回、爆発音があがり、そのたびに黒煙がモウモウと…。富士市厚原の荒川化学工業富士工場で発生した爆発事故です。

ブログDSC01609.JPG

ブログDSC01616.JPG
       爆発直後、自宅2階から撮影
 
 荒川化学工業は本社を大阪市中央区に置く天然樹脂ロジン(松ヤニ)などを原料に、製紙用薬品などを製造する中間素材メーカー。製紙用の薬品や印刷インキ用樹脂、粘着・接着剤用の樹脂などを製造しており、2017年3月期の売上高は508億円、2017年11月現在の従業員数は747人。
 
 爆発があったのは「生産棟」と呼ばれる4階建て建物とみられ、富士市消防本部の発表(午後1時30分)によれば、消火や負傷者搬送のために常備消防から車両17台が出動したほか、消防団からも6台が出動。このほか、負傷者搬送のためにドクターヘリが2機飛来。
 
 この爆発事故で建屋内で作業していた64歳の男性が亡くなったほか、負傷者が11人、そのうち3人が重症とのことです。
 
 午前9時37分に周囲100辰寮ぢ咾鉾鯑饂惻┐出され、市は鷹岡小、鷹岡中、丘小、岳陽中、伝法小の5カ所に避難所を開設。
 
 爆発の影響で工場周辺は車両の交通規制が敷かれたほか、JR身延線は一時、上下線の運行を休止。周辺では一時停電も…。
 
 午後2時9分に鎮火、交通規制が解かれ、身延線も運行を再開しています。
 
 議会閉会後の夕刻、自宅に戻る途中に工場があるため立ち寄ってきました。
 壁が吹き飛び、真っ黒に焦げ付いた工場は爆発の激しさを示し、工場近くでは「窓ガラスが割れた」との声も。我が家では揺れは感じませんでしたが、工場近くの住民は「家が激しく揺れた」と不安顔で話していました。
 
 新聞夕刊やテレビのニュース番組は、トップニュースで、この爆発事故を伝え、その状況に「工業都市・富士市に潜む危険」を改めて感じています。

ブログ2017120120171201.jpg
          静岡新聞の夕刊紙面です

ブログDSC01618.JPG

ブログDSC01624.JPG
           テレビ画面から

 
 工業都市の富士市では、400余の事業所によって富士市防火協会が組織され、事業所における防火・安全管理の向上普及を図り、自主的な災害防止を促進するとともに、消防行政官署と密接な連携を保ち、消防行政の円滑な運営にも寄与。さらに防火協会加盟の大手事業所には自衛消防隊が組織され、「操法大会」も開催。本年度の「操法大会」は10月21日に市庁舎北側駐車場で開かれ、小型ポンプ操法で優勝したのは皮肉にも爆発事故が発生した荒川化学工業の富士工場でした。
 
 消防本部や警察など関係機関は、あす2日に現場検証を行うとのことですが、原因の究明が急がれるだけでなく、今回の爆発事故は発生事業所のみならず工業都市全体の防火・安全管理の再チェックを突き付けていることは言うまでもありません。

 
| - | 20:53 | comments(0) | - |
富士市議会11月定例会、あす12月1日に一般質問スタート!

 会期中の富士市議会11月定例会の一般質問は、あす12月1日に開始となります。どなたでも傍聴できます。傍聴席への入口は市庁舎10階の南側です。

 

議場DSC01603.JPG

     議員と論戦が繰り広げられる本会議場です

 

 一般質問は、年4回開かれる定例会ごとに議員個人に与えられている発言権で、本定例会では議員32人中、18人が通告、1人の持ち時間は市長ら当局答弁を含めて1時間以内となっています。

 

 一般質問が行われるのは、1日、4日、5日、6日の4日間。各日とも本会議の開会は午前10時ですが、初日は委員会付託議案の審査結果の報告と採決があるため、その開始は午前11時頃になります。

 

 自分、海野しょうぞうの通告順位は7番で、質問2日目となる12月4日の午後のトップバッターでの登壇となります。

 質問は、「都市PRであるシティプロモーション事業の推進に向けて名誉市民等の活用と見直しについて」と「40年間で20%の延床面積削減を掲げている公共施設の再編計画と、地区まちづくり協議会の関連について」の2項目です。

 

 以下に日別の登壇者と、活字が小さく、読みにくくて恐縮ですが自分の発言通告文をアップします。登壇議員の敬称略、カッコ内は所属会派。

 

■12月1日(金)=登壇4人

  午前  ̄麁 盛正 (自民党真政会)

  午後 ^貍髻ゝ噌澄 奉イ硫顱

     高橋 正典 (凜の会)

     川窪 吉男 (無会派・市民クラブ)

 

■12月4日(月)=登壇5人

  午前 〆缶遏|匸次 奉イ硫顱

     ⊂野由美子 (無会派・みらい富士)

  午後 ヽぬ遏‐瓜亜 奉イ硫顱

     井上 保  (ふじ21)

     B静帖々彦 (自民クラブ)

 

■12月5日(火)=登壇5人

  午前 ‘E帖‥哉 (凜の会)

     下田 良秀 (自民クラブ)

  午後 ^羹弌\家 (公明党議員団)

     ∈川 朝子 (無会派・共産党議員)

     小池 義治 (民主連合)

 

■12月6日(水)=登壇4人

  午前 [詭據々司 (民主連合)

     ∋害爾い鼎漾 別閏舅合)

  午後 ヽ洌罅々澄  別閏舅合)

     ⊃山 諭  (民主連合)

 

ブログ20171130?20171130.jpg

 

ブログ20171130?20171130.jpg

 

ブログ20171130?20171130.jpg

| - | 23:25 | comments(0) | - |
憲法イベント2件と朗読イベントのお知らせ!

 知人から憲法に関するイベント2件と、朗読イベントへの案内が届きました。

 以下に、その内容と案内チラシをアップします。

 

 

 「憲法ひろば コントde憲法!?」

 

ブログ20171126?20171126.jpg

 

 日 時:12月3日(日)午後2時〜同4時

 会 場:富士川ふれあいホール

 主 催:憲法を考える富士の会

 入場料:500円

 内 容:プラムフィールド代表で「誰のための憲法改『正』?自民党草案を読み込むワクワク出前講座」の著者、馬場利子さんによるお話。相談役として富士市在住の小長谷保弁護士も出演。

 問い合わせは小長谷・石野法律事務所(電話 0545−53−1363)。

 

 

「総選挙後の課題 立憲主義と平和」

 

ブログ20171126?20171126.jpg

 

 日 時:12月16日(土)午後6時〜同8時

 会 場:静岡労政会館

 入場料:無料(カンパ要請あり)

 主 催:市民連合しずおか

 内 容:上智大学国際教養学部長の中野晃一氏による「総選挙後の課題 立憲主義と平和」と題した講演会。選挙結果をどう見るか、憲法改正に国民投票にどう立ち向かうかを考える場に…。

 問い合わせは主催の市民連合しずおか(FAX 054−284−0191)。

 

 

 第3回吉野弘の詩 朗読コンクール

 

ブログ20171126?20171126.jpg

 

 日 時:2018年1月13日(土)午後1時〜

 会 場:ロゼシアター小ホール

 入場料:無料(要整理券)

 主 催:吉野弘のこころ詠む実行委員会

 共 催:オール富士さん

 内 容:現代詩の代表詩人で、晩年を富士市で過ごした吉野弘さんが作品に込めた“こころ”を広く周知することを目的にした吉野弘さん作品の朗読コンクール。録音媒体による1次審査通過者が出演。一般、学生(中高校生)、ジュニア委(小学生以下)の3部門。朗読後の審査中には杉山直さんによる新朗読のステージも。

 問い合わせは共催のオール富士さん(電話 050−5274−0633=担当・杉山さん)。

| - | 22:54 | comments(0) | - |
富士市の水道庁舎、グッドバイ、移転へ!

 会期中の富士市議会11月定例会は、きょう28日までに4つの常任委員会が本会議で付託された平成29年度一般会計予算案など当局提出議案を審査。全案が原案通過し、12月1日の本会議で可決、成立の運びとなりました。委員会終了後、各委員会は委員会協議会を開き、当局から予算化や条例化などを予定する重要案件の報告を受け、その中、28日に開かれた建設水道委員会の委員会協議会で当局は耐震性などに問題を抱えていた水道庁舎の使用を中止、県富士総合庁舎内の空きスペースに移転していく計画を示しました。

 移転の時期について当局は「平成30年度上半期中に…」としています。

 

ブログDSC01599.JPG

 現在の水道庁舎です(北側から撮影)

 

DSC01597.JPG

        真ん中のビルが水道庁舎です

 

DSC01602.JPG

          左が市庁舎、右が消防防災庁舎です

 

 現在の水道庁舎は、市庁舎の道路1本隔てた南側にあり、敷地面積は285平方誕らず。鉄骨造り8階建てのペンシル型の細長いファッション的なビルで、その延床面積は1、113平方叩

 平成元年に資産家が賃貸ビルとして建設したものの、駐車場スペースがないことや、各階の移動はエレベーターのみなどから入居が少なく、売却へ。これを業務スペースの拡大を求められていた市が平成16年度に購入し、市庁舎から上下水道部7課中、上下水道営業課、水道工務課、水道維持課の3課が移転。1階部分には民間に委託されている料金関係のお客様コーナーが開設されています。

 

 来庁する市民の駐車場については、市庁舎の駐車場で対応できることから「各階の移動はエレベーターのみ」という不便さはあったものの、使用にあたっては、これといった問題はありませんでした。

 

 しかし、建築から30年を経過したことからエレベーターなどの改修に向けて調査。その結果、耐震性を満たしておらず大規模改修が必要であることが判明。機能面でも複数階で雨漏りや、エレベーター等で機種の廃版により部品調達が困難であることも明らかに…。

 

 市は、巨大地震などの大災害時の拠点施設としての使用が不可能であることや、来庁する市民や勤務する職員の安全確保の面からも「大至急、何らかの対応が必要」とし、その対応策を検討していました。

 

 その結果、改修にあたっては巨費を必要とするだけでなく敷地周辺や建築物内に余裕がないことから耐震補強工事も「現実的には困難」と判断。新築については「かなりの費用と時間がかかり、中長期的な対応策として検討すべき」とし、費用と時間的な面からの消去法で選択した最も現実的な対応策が「他の建築物の賃貸使用」でした。

 

 候補には、空きスペースのある本市場の県富士総合庁舎と吉原市民ひろば跡地に整備予定の民間複合ビルの2案に絞り、コストなど検討5項目から「県富士総合庁舎が最適」との結論を下し、県と協議を重ねていました。

 

 28日の建設水道委員会協議会で当局は、「平成30年度上半期の移転完了を目指して作業を進める」としたほか、現在の水道庁舎に入居している3課とお客様センターだけでなく、現在、市庁舎に入居している上下水道部の4課も同時に移転、その移転スペースは県富士総合庁舎の6階で、この6階全体が上下水道部全課のフロアとなります。

 

 一方、移転により廃止となる現在の水道庁舎と敷地について当局は、「早急に活用方法の検討に着手する」としています。

| - | 20:07 | comments(0) | - |
午前7時に「よ〜い、ドン」。あれこれイベントへ

 きょう11月26日の日曜日、午前7時に「よ〜い、ドン!」とばかりに自宅を出て、地域公園の清掃 → 鷹身工芸社の「鷹身まつり」 → ケアハウス富士の里の「富士の里まつり」 → 校区子ども会の「ちびっこふるさとまつり」 → 市民有志による「ふじのくにアートクラフトフェア」 → 「小学校図画工作展」を回ってきました。

 ようやく自宅に戻って、記事の打ち込みを開始しましたが、開始早々、しばし、イベントラッシュだった今年1年を振り返り、富士市が今年からブランドメッセージを決定、都市PRのシティプロモーションの推進にも本格的に乗り出していることを踏まえ、「イベントに対しての市の在り方や支援の見直しが必要では…」、そんな思いを抱いています。

 ゴチャゴチャ理屈めいたことはいずれ。きょう1日、徒然なるままに…。

 

 

※地域公園の清掃

 所在区(町内会)には2カ所の住区基幹公園に区分される街区公園があり、それぞれ公園愛護会を組織して月1回ペースで清掃活動を繰り広げています。

「班単位で順番に清掃」という中、自分は、区民の皆さんの市政・議会への意見を受け止める場として、できる限り参加、きょうは厚原西公園の清掃でした。

 午前7時30分から1時間余の活動。もう1つの公園、雲雀ケ丘公園にゴミ箱は設置されていないものの、きょうの厚原西公園は従来から2個のゴミ箱が設置されています。

 区の役員さんとともに当番班の皆さんが訪れる前に倉庫を開け、清掃道具を取り出して…。こんな状況から知らず知らずのうちに「ゴミ回収担当」となっていますが、毎月、食べ残しも多い弁当箱など大量のゴミ。「ポイ捨て防止になる」とは思うものの公園へのゴミ箱の設置、「ゴミ減量化の面からもゴミの処理は自己責任で…」の時代、撤去が必要かもしれません。

 

DSC01536.JPG

    朝陽を受けて…、すがすがしい朝でした

 

DSC01539.JPG

      今回も大量のゴミが…

 

 

※「鷹身まつり」

「鷹身まつり」は、富士市社会福祉協議会が管理・運営している地区内にある障害者就労支援施設、鷹身工芸社の年1回のふれあいイベント。施設と地区の各種団体が実行委員会を組織しての取り組みで、今年で33回目を迎えました。

 鷹岡小学生の合唱や、鷹岡中学生の吹奏楽演奏、曽我兄弟太鼓保存会の太鼓演奏、さらに鷹身工芸社の利用者による歌と楽器演奏も…。

 市内の他の就労支援施設も出店しての模擬店が並び、区長会を通して提供を求めた品々のチャリティバザーが今年も大人気でした。

 敷地が狭く、施設の老朽化も進んでいますが、“狭いながら楽しい我が家的”な感じで、まつり目的が笑顔の輪に示されていました。

 しかし、施設面においては老朽化に加えて福祉施設でありながらバリアフリー化が不完全。開会式の挨拶では、まつりに寄せる地区の熱意を受け止めての施設整備を管理・運営を担う市社協にお願いしました。

 

DSC01550.JPG

 

DSC01548.JPG

        鷹岡中の吹奏楽演奏

 

DSC01541.JPG

        大人気だったバザーです

 

 

※「富士の里まつり」

「富士の里まつり」は、社会福祉法人博美会が平成10年(1998年)7月に天間地区にオープンさせた、自己選択で入居する新しいタイプの軽費負担老人ホームであるケアハウス富士の里の年1回のふれあいイベント。市内では第1号となるケアハウスです。

 関係者で実行委員会を組織しての取り組みで、コーラスの披露をはじめ各種模擬店が並び、入居している高齢者と、その家族、さらに地域の人達が自然体でふれあい、その輪を広げていました。

 

DSC01553.JPG

 

DSC01556.JPG

         コーラスの披露です

 

 

※「ちびっこふるさとまつり」

「ちびっこふるさとまつり」は、まちづくりセンターを会場にした鷹岡校区子ども会世話人連合会主催の年1回のふれあいイベント。

 小学4年から6年の有志が下級生のために考え、準備したゲームが繰り広げられ、手作りのお店も。福祉推進会も協力して綿菓子や輪投げゲームなどを。中学生のジュニアリーダーがまつりのサポート役を担い、「低年齢化している」といわれる“イジメ”とは無縁の、眼前に広がる子ども世界に、「きょうの思い出を胸に刻んでほしい」、それを願ってきました。

 

DSC01558.JPG

 

DSC01562.JPG

   福祉推進会による綿菓子(1個50円でした)

 

 

※「ふじのくにアートクラフトフェア」

「ふじのくにアートクラフトフェア」は、「富士の麓からものづくりの素晴らしさを発信しよう」と市民有志が実行委員会を組織しての取り組み。会場は中央公園でした。

 今年で5回目。事前の新聞報道によれば、「全国から募集枠(100人)を上回る250人ものアート作家の応募があった」。年々、その規模が拡大。市民主導であるものの、規模のみならず内容も”紙のまち・富士市“に相応しいイベントで、実行委の熱意に最敬礼です。

 実は、きょうは、もう一つ、自分が役員を担っている富士市日中友好協会主催の「日中料理教室」が富士駅北まちづくりセンターであったのですが、時間的に会場行は微妙であったこと、そして「ふじのくにアートクラフトフェア」に県立富士東高校吹奏楽部のマーチングバンドが初出演、その2回目が午後1時からだったことから「日中料理教室」への参加を断念。

 富士東高のマーチングバンドは、今年こそ全国出場を逸したものの、本県のみならず東海地域でトップレベルの実力をキープ。映像では何回となく観ていたものの実際の演技・演奏は初めて。「素晴らしい」の一言のみでした。

 

DSC01570.JPG

 

DSC01578.JPG

              会場です

 

DSC01571.JPG

    会場には、さまざまなクラフトコーナーが…

 

DSC01573.JPG

      子ども向けの乗馬体験もありました

 

DSC01591.JPG

    富士東高のマーチングバンド演技です

 

 

※「小学校図画工作展

「小学校図画工作展」は、富士市教育委員会の恒例展示会。今年で52回目を迎え、会場はロゼシアターの展示室。25、26日の2日間の開催。きょう26日の最終日、多くの小学生と、その保護者で賑わっていました。

 学校単位で図画と工作を展示。展示室に入り、キョロキョロと、「鷹岡小学校のコーナーは…、5年生の作品は…」。そう、ホント、“爺馬鹿”です。

 

DSC01581.JPG

 

DSC01579.JPG

      学校単位で作品が並ぶ会場です

| - | 21:19 | comments(0) | - |
中央図書館ギャラリーで富士市美協の『小品展』が開幕!

ブログDSC01521.JPG

 

ブログDSC01523.JPG

 

 まず先に、お断り。冒頭にアップした富士山にロゼシアターと中央公園を結ぶ歩道橋を取り込んだ写真と、クリスマスデイスプレーの写真は、本文とは全く関係ありません。アップした理由は本文の末尾で…。

 

 富士市永田北町の市立中央図書館分館市民ギャラリーで、きょう11月24日、富士市美術協会(石島章彦会長)の『小品展』が開幕しました。26日(日)まで。午前10時から午後5時、最終日26日は午後4時で終了。鑑賞は無料です。

 

DSC01534.JPG

      来場歓迎看板です

 

 美術協会は、洋画と日本画を中心とした絵画制作愛好家団体。毎年、5月頃に『定期展』、これと並行して、この時期に『小品展』と年2回ペースで会員作品発表の場を設けています。

 

 石島会長から案内状をいただき、「何としても初日に…」と公務終了後、夕刻近くに会場へ。終了30分前で石島会長は不在でしたが、受付所にいた係の方に、あれこれと。

 

 今回展には、展覧会名が示すように4号から10号までの小品47点が展示されています。「1人1点」とのことで、出品者数は47人となります。

 

DSC01525.JPG

          作品展の会場です

 

DSC01530.JPG

 石島会長の出品作品、

     『西の高速道路(清水)』(部分)

 

 会員それぞれが感性と個性をもって描き出した作品は、人物、風景の具象画をはじめ抽象画。斬新な技法もあり、中には「?」の難解な作品も。考えながらの作品鑑賞も楽しいですよ。ぜひ、お出掛けを…。

 

 さて、冒頭の「アップした理由は本文の末尾で…」について。

 

 公務が立て込み、案内状に記した会場を確認しないまま急いだ先がロゼシアター。『定期展』の会場はロゼ、それが脳裏にあっての間違いで、しかもロゼの正面玄関で夕焼けに輝く富士山に感動して歩道橋を取り込んだ構図に仕立ててショット、玄関を入るとクリスマスのディスプレー、これもショット。

 

 これで、自己満足のナイスショットの富士山から、ひと足早いクリスマスのディスプレーのプレゼント、そして絵画作品の数々と、お届けできる視覚ストーリーが完成、気分とフットワークは軽快でした。

 

 しかし、です。

 

 展示室前にくると閉鎖。この時点で、ようやく会場を間違えたことが分かり、ギャフンでしたが、「まあ、大目にみて下さるだろう」と得手勝手に思い込んでストーリーが崩壊した写真と動画もアップした次第です。

「スミマセン」

 

| - | 23:17 | comments(0) | - |
「エイッ!」と、シルバー人材センターの『ふれあいフェスティバル』へ

 “不惑(ふわく)”とは数え年で40歳にして迷わずとされていますが、不惑どころか還暦過ぎても悩み多しです。特に、ここしばらくは選挙について…。加えて、きょう11月23日、起きれば外は雨。「勤労感謝の日、のんびりするか」と思ったものの、「エイッ!」と飛び起き、身支度をして昼前に富士市南町のシルバー人材センターを会場にした『ふれあいフェスティバル』へ。

 案内状が届いていたことと、長年の知人であるシルバー人材センターの役員の恨めしい顔が脳裏に浮かび上がったためですが、フェスティバルでは会員の高齢者パワーにふれ、思いもよらなかった出会いもあり、これに午前中の雨もあがり、気分は一気にハッピーに…、そんなひと時を過ごしてきました。

 

DSC01508.JPG

         会場入口で…

 

DSC01506.JPG

      玄関には歓迎の菊花鉢が…

 

DSC01507.JPG

               会場です

 

 シルバー人材センターは、臨時的・短期的、または軽易な業務を請負・委任の形式で行う公益法人。富士市のシルバー人材センターは、昭和55年(1980年)10月、県下で初めて設立、現在地に活動拠点の事務所が設けられ、現在に至っています。

 

 フェスティバルは、会員相互の交流やセンターの機能紹介などを狙いに、毎年、この時期に開催、今年で24回目を迎えました。

 

 会員及び文化教養講座受講生の写真、絵画、手芸品などの作品展をメインに和紙絵画やパソコン、かんたん手芸、障子貼り、網戸貼りなどの実演、チャリティーバザー、各種模擬店。さらに、野外アトラクションとしてチンドン屋パレードやバナナのたたき売り、マジックショー、ハーモニカ演奏なども。正月玄関飾りの販売もありました。

 

 ブルー系のジャンパーを着た会員が、それぞれ役割を分担して来場者を迎え、会員自身もフェスティバルをエンジョイしていました。

 

DSC01500.JPG

         作品展コーナーです

 

DSC01502.JPG

       多くの方が来場していました

 

DSC01494.JPG

           マジックショーです

 

DSC01496.JPG

          正月玄関飾りの販売も…

 

 会場を一巡、「オッ!」と思う場面もあり、その一つが定番アトラクションのバナナのたたき売り。露天商が独特の口上で売りさばく…のではなく、会員が売り子を担い、その口上は「そんじょそこらに売っている、バナナだよ」。思わず吹き出してしまいました。

 模擬店では、焼きそばと蕎麦を、その場で焼いて、茹で上げて…。人気が高く列を成していましたが、カメラ撮影でアングルを向けると焼きそばは男性陣、蕎麦は女性陣が担当。「高齢者層ゆえの男女区分かな」、そんな思いを抱きました。

 

DSC01520.JPG

       焼きそばコーナーです

 

DSC01517.JPG

          蕎麦コーナーです

 

 そんな中、1人の女性が「海野議員さんですよネ」。記憶回路を辿っても「?」の全く知らない方でしたが、「フェイスブックを、よく、見てますよ」で納得。失礼とは思いつつ、「お名前は…」と問うと「タジマです」。

 しばし立ち話。「ブログは10年前からやっていますが、フェイスブックは1年半前から。ブログ原稿を、そのまま写真など視覚面を重視する方が多いフェイスブックにアップしているため『原稿が長すぎる』とお叱りを受けることが多くて…」と話すと、「そのままでいいんじゃないですか。有料ではなく、長すぎるので読みたくない、という人は読まなければいいんだから」と話されました。

 うれしく、ありがたい、言葉でした。

| - | 20:02 | comments(0) | - |
富士市議会11月定例会の一般質問に18人が通告!

 前日に続いて、お硬い内容で恐縮ですが、今回も議会情報をアップさせていただきます。

 

 会期中の富士市議会11月定例会の一般質問は、12月1日に開始となりますが、その発言通告が、きょう22日正午に締め切られ、午後2時からの議会運営委員会で日別の登壇者数が決まりました。

 

 一般質問は、定例会ごとに議員個々に与えられた発言権で、1人の持ち時間は当局答弁を含めて1時間。

 ここしばらく20人を超える通告があったことから11月定例会も5日間を確保していましたが、通告者は議員32人中、18人にとどまり、これにより4日間で終了。予定では最終日が12月7日となっていましたが、会期1日を残し12月6日に閉会となる見込みです。

 この繰り上げ閉会は、会議規則第7条(会議に付された事件すべてを議了した時は会期中でも議会の議決で閉会することができる)を運用しての措置です。

 

 自分、海野しょうぞうの通告順位は7番目。質問2日目となる12月4日の午後のトップバッターでの登壇となります。

 質問は、「都市PRであるシティプロモーション事業の推進に向けて名誉市民等の活用と見直しについて」と「40年間で20%の延床面積削減を掲げている公共施設の再編計画と地区まちづくり協議会の関連について」の2項目です。

 

 以下に日別の登壇者と、議会事務局職員手作りの傍聴ご案内ポスター、活字が小さく読みにくくて恐縮ですが通告の一覧表をアップします。本会議の開会は各日とも午前10時。ただし、一般質問初日の12月1日は委員会付託議案の審査報告と、その採決があるため、開始は午前11時ごろになりそうです。敬称略、カッコ内は所属会派。

 

■12月1日(金)=登壇4人

  午前  ̄麁 盛正 (自民党真政会)

  午後 ^貍髻ゝ噌澄 奉イ硫顱

     高橋 正典 (凜の会)

     川窪 吉男 (無会派・市民クラブ)

 

■12月4日(月)=登壇5人

  午前 〆缶遏|匸次 奉イ硫顱

     ⊂野由美子 (無会派・みらい富士)

  午後 ヽぬ遏‐瓜亜 奉イ硫顱

     井上 保  (ふじ21)

     B静帖々彦 (自民クラブ)

 

■12月5日(火)=登壇5人

  午前 ‘E帖‥哉 (凜の会)

     下田 良秀 (自民クラブ)

  午後 ^羹弌\家 (公明党議員団)

     ∈川 朝子 (無会派・共産党議員)

     小池 義治 (民主連合)

 

■12月6日(水)=登壇4人

  午前 [詭據々司 (民主連合)

     ∋害爾い鼎漾 別閏舅合)

  午後 ヽ洌罅々澄  別閏舅合)

     ⊃山 諭  (民主連合)

 

ブログDSC01492.JPG

 

ブログ20171120171122.jpg

 

 

| - | 21:54 | comments(0) | - |
富士市議会11月定例会が、きょう21日、開会しました

 富士市議会11月定例会が、きょう21日、開会しました。会期は12月7日までの17日間です。

 

 本定例会への当局上程議案は15件で、そのうち条例案が8件、平成29年度一般会計補正予算など補正予算案が5件、単行案が2件。

 

 初日の21日は午前10時に本会議を開会。全議案15件を一括上程して当局から説明を受け、質疑を受け付けて委員会付託としました。

 委員会審査は27日に開始、本会議での採決は12月1日が予定されています。

 

 生活密着予算である一般会計の補正予算額は5600万円を追加、これにより当初からの累計額は832億6876万円となります。市民1人当たりにすると32万6千円余です。

 

 単行案2件は、新富士駅都市施設と産業交流展示場(ふじさんめっせ)の指定管理者を決める議決案。

 当局は指定切れを前に公募、新富士駅都市施設については2団体の応募があり、選考の結果、現在の指定管理者である一般社団法人富士山観光交流ビューローとし、産業交流展示場については応募が現在の指定管理者であるFメッセ共同事業体(螢灰鵐戰鵐轡腑鵐螢鵐院璽検↓蠹豕泪灰潺絅縫謄、蠹谿.咼襯機璽咼垢裡骸劼嚢柔)の1団体のみで、選考の結果、引き続いて指定管理者としていくことを決定、11月定例会に議会の承認を得る議決案を上程したものです。

 新たな指定期間は2件とも平成30年4月1日から平成35年3月31日までの5年間です。

 

 一般質問は、12月1日の議案審査後に開始、最終日の12月7日までの間、5日間の日程が確保されており、その発言通告の締め切りは、あす22日正午となっています。

 

 活字が小さく、読みにくくて恐縮ですが、11月定例会の予定表をアップします。

 

ブログ2017112120171121.jpg

 

ブログ2017112120171121_0001.jpg

| - | 16:13 | comments(0) | - |
富士山&桜花&菜の花の景観スポット、潤井川のクリーン活動

 富士山&桜花&菜の花の景観スポットである富士市鷹岡地先の潤井川のクリーン活動が、きょう11月19日に行われました。

 鷹岡地区まちづくり協議会(松田幸雄会長)の環境部会(遠藤晃部会長)の恒例事業。協議会構成団体のほか、鷹岡中学校の1年生、鷹岡建設業協力会、富士山ビエンナーレ実行委員会などから総勢250人余の参加を数え、自分も地区民の1人として活動の輪に加わりました。

 

 鷹岡地先の潤井川の龍厳橋から下流左岸堤は昭和40年代半ばから5年余の歳月をかけて近隣住民によって桜の苗木が植栽され、平成に入って成木となり、見事な桜並木となっています。

 

DSC01469.JPG

     クリーン活動会場の桜並木です

 

ブログDSC01460.JPG

       桜並木誕生の経過を伝える掲示板が…

 

 まちづくり協議会では、毎年4月上旬に地区内にある富士西公園で『桜まつり』を開いており、まつり前後の10日間を桜花観賞期間に設定。この鑑賞期間中に潤井川左岸の桜並木をライトアップ、夜桜を愛(め)でる演出を図っています。

 さらに、数年前から河床の流砂地に菜の花の種をまき、3月下旬から4月上旬にかけて富士山&桜花&菜の花の3要素が混交した華麗な景観を創出しています。

 

No5-F302-E026.jpg

 桜花観賞期間はライトアップが…(昨年の状況です)

 

 地元の人達の取り組みが結実する形で富士市を代表する景観スポットとなったことから桜の開花シーズンにはカメラマンを中心に多くの来場があり、きょう19日のクリーン活動は、生活環境の美化とともに「この地を訪れる方々に歓迎の心を伝えるため」(松田会長)の取り組みです。

 

 事前の準備も入念に行ったことから参加者は、担当エリアに分かれてテキパキと空き缶、ペットボトルなどを回収、各区から持参した草刈り機で生い茂った草を刈り、それを回収してゴミ袋に…、予定通り2時間余で作業を終了しました。

 

 毎年、不法投棄ゴミもありますが、今年もコンロなどの不法投棄があったものの、例年より少なく、これも地元の地道な活動の成果といえそうです。

 

DSC01484.JPG

          活動を前に説明が…

 

DSC01461.JPG

        鷹岡中学生はゴミ拾い中心に…

 

DSC01466.JPG

         堤一帯の草を刈りました

 

DSC01470.JPG

           膨大な量でした

 

DSC01472.JPG

            搬出作業です

 

DSC01483.JPG

           終了後の堤です

 

DSC01478.JPG

  左はまちづくり協議会事務局の井出さんです

 

 クリーン活動終了、生い茂っていた草が刈り取られた堤を見ながら“地域力”、それを感じ、同時に、「こうした活動が、郷土愛と、この地に住む誇りであるシビックプライドの醸成への確かな一里塚に…」を思い、初冬の冷気が何故か暖気に感じた1日でした。

 

 

| - | 22:32 | comments(0) | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT